本文へ移動

家族信託

家族信託

日本は超高齢化社会に入ったと言われています。
長く生きる中で認知症などの病気により判断能力が低下が失われると、日常生活の中でも支障が出てくることもあるでしょう。その中でも深刻になってくるのが自分の財産を管理できなくなることでしょう。
 
家族信託は認知症などにより判断能力が低下する前に、契約により信頼できる家族に財産を託すことで財産の事実上の凍結を防ぐことができる財産管理手法です。
 
家族信託の活用法
財産を預ける人(ご両親など)の判断能力があるうちに、財産を管理・運用すると決めた人(子どもなど)と信託契約を交わしておきます。
 
その後に財産を預ける人が身体的な障がいから意思判断能力が低下してしまったとしても、財産を管理・運用する人がその人のために託された貯金を使ったり、時には不動産などの財産を売却して資産を作ったりして経済面で支えることができます。
 
※財産を管理・運用する人は財産の管理・運用を行うだけで、財産から得られる利益は全て財産を預けた人のために使われることが前提となります。
また、財産を預ける人がその財産の使用目的を定めますので、その財産は正しく元の持ち主のために運用されることとなるでしょう。
 お問い合わせフォームはこちら
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
佐賀事務所:0952-25-5055 神埼事務所:0952-37-6677
お電話受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日および、事務所指定休日除く)
司法書士法人かけはし
佐賀事務所
〒840-0054
佐賀県佐賀市水ヶ江4丁目5番22号
TEL.0952-25-5055
FAX.0952-25-5040
 
神埼事務所
〒842-0001
佐賀県神埼市神埼町神埼114番地1
TEL.0952-37-6677
FAX.0952-37-6678
▼佐賀事務所
▼神埼事務所
TOPへ戻る